就職活動を進める方法について

 

まずは企業説明会へ

転職活動を円滑に進めるためには、転職活動の流れを知っておくことが大切です。

まずは関心のある企業に資料を請求し、説明会の申し込みを行いましょう。

企業の説明会と合同説明会とでは、何のための会なのかが違っています。

たくさんの企業を見て回って、関心のある企業を探すのが、合同説明会ですべきことになります。

 

筆記試験や適性検査

個別の場合は、あらかじめ予約が必要なことがほとんどです。


人気のある企業だと予約が取れないことがある
ので注意しましょう。


会社の説明会といいつつも、筆記試験も同じ日に行われるという日程で採用活動を行う企業もあります。

不意の選考試験にも対応できるように志望動機、自己PRは大まかにでも決めておくといいでしょう。

   筆記試験は一般常識、SPI、小論文などが一般的です。


筆記試験を突破するためには、

就職活動用の筆記試験問題集を見ておいたり、時事内容に関心を持っておくことです。

性格適性検査を行う企業も増えていますが、


自分の性格をごまかそうと小細工をすると後で困ったこと
になったりもします。

面接

面接の重症性

筆記試験を突破したら、就職活動の要である面接ですが

面接が内定を取れるかどうかを決めるといっても過言ではありません。

面接対策をきちんとしておくことで、

就職活動を無事に成功させることができるかが決まります。

この段階の、採用面接を無事に突破することで、晴れて採用内定がもらえます。

就職活動は、一次志望の企業から内定をもらえているまで、

1次試験、2次試験と進みます。

場合によっては、内定を受けるかを検討する必要があります。