転職活動をはじめる前に

転職準備をする前に


景気が長らく低迷しているため、コロナの影響で自分の仕事が激減している要因で、転職をする人が増加しています。

求人率はいつまでも低いままで、転職活動が思うようにいかない人は多いようです。

一体、転職活動を開始し、仕事をやめるためには、どういった取り組みが有効でしょう。

まず、最初に自分はなぜ仕事を辞めて転職をしたいのか理由を明確にすることが大切です。

しかしながら、果たして、今の仕事や会社に不満が溜まったとしても、安易に転職するのはどうでしょうか。

焦るな危険!!

転職を焦りすぎて、今よりも待遇が悪い会社を選んでしまったり

憧れで転職した企業の仕事内容が自分に向いていなかったりなどの

パターンもあり、転職を後悔することもあります。

理想と現実のギャップ


次の仕事を、転職してから時間を空けずに探すことになっては、せっかく苦労して転職をしても、無意味になってしまいます。

それぞれの人で、何を仕事に求めるかは、給与であったり、やりがいであったりと違うのが当たり前です。

一度は今の職場や仕事に理想を見出して就職したものの、想像していた仕事内容や職場環境と異なり、

違和感を感じることもあるでしょう。

ですが、転職活動を始める前に今の職場と自分を見直してみることも必要かもしれません。

結果を先走りしてしまって、そこで転職へと考えるのはまだ早いかもしれないからです。

 

今の職場は本当にダメなのか??


今の不満は現在の職場では本当に解消できないのか、そしてなぜ転職したいのかを、

まずはじっくりと考えてから、もう一度検討してみることが不可欠です。

解決策を探る

上司や同僚と解決策はないのかということを話し合ってみると良いのではないでしょうか。

転職を不満を抱えて検討している方は、意外と話し合いの場を避けていることが多いのではないでしょうか?

今一度、検討の余地がありそうじゃないですか?

 

同じ仕事の仲間と人間関係や仕事のやりがいについて話し合う機会も持たず、職場から遠ざかっていないでしょうか。

物事が進まない時も、社会人として仕事をしているのですから、自分から行動を起こさなければあるのではないでしょうか。

しかしながら、そのように行動を起こしても解決されないこともあります。

そんなときは、転職活動によって、より自分に合った仕事や職場を求めて始めてみてはいかがでしょうか。

 

転職活動する前にイメージしてみよう


転職先に対する自分が希望する条件を書き出し優先順位をつけてみましょう。

やりたいことが明らかになったら、転職活動の計画をできるだけはっきりさせます。

 

どんな仕事がしたいか自分でもよくわからないという場合は、
経歴の棚おろしをして今までの仕事内容を振り返ってみます。

 

どんな仕事をやりたいと思っているか自分の中でまとまったら、転職活動に必要な書類作成を行います。


履歴書や職務経歴書などですね。


自身のキャリアやスキルは職務経歴書にしっかり書いておくことで自己PRに役立てます。

書いた内容を忘れないよう、同じものを手元に持っておきます。

 

コピーを取っておくことをお勧めします。

 

企業から連絡が来たらいよいよ面接です。

 

応募先の企業のホームページなどをチェックし、自己PRポイントを整理します。


面接で質問される事の多い、前の会社の退職理由もきちんと考えて説明できるようにしておきましょう。

採用されたなら、現在の会社を円満に退社できるように行動を開始します。

立つ鳥跡を濁さないようにすべきことをしてから退職します。


このように、転職活動の全体的な進め方を念頭に置いておくことで、順調な転職活動ができるようになります。